2006年10月12日

ロハスの意味とは?

「ロハス」は、近年よく聞かれる言葉ですね。では、ロハスとはいったい何のことなのでしょうか?


「ロハス」とは、アルファベットで表記すると「LOHAS」となります。

つまり・・・


「Lifestyle of Health And Sustainability」



の頭文字を取った略語のことなんです。


このままではわかりづらいので、これを日本語に訳すと・・・



環境と人間の健康を最優先し持続可能な社会を志すライフスタイル



という意味になります。

ロハスな生活とよく言いますがそれはどういったものなのかといいますと、


  • ライフスタイルを改善し、体や地球環境にできるだけ負担にならないように暮らす


  • できるだけ質素に暮らし、地球の資源を大切にする


  • 体にいいものを食べたり使ったりして、健康体を得る


と、上記のようなことになります。

皆様は実践できていますか?

しかし、この場合の「ロハスの意味」は日本における解釈です。

また、本家のアメリカでは「ロハス」と言うと別の意味合いを持ってきます。

posted by ロハス@意味 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(4) | ロハスとは?

2006年10月02日

ロハスの意味 海外では?

ロハスの意味は日本の場合、


環境と人間の健康を最優先し、持続可能な社会を志すライフスタイル


のことを指します。


しかしアメリカでロハスといえば日本のロハスとは別の意味合いになります。実は、ロハスはマーケティング用語?なのです。


ロハスは、そもそもアメリカで「発見」されたライフスタイルで、社会学者の「ポール・レイ」と心理学者の「シェリー・アンダーソン」による、15年にわたる、環境や健康への意識が高い人たちの層(カルチュアル・クリエイティブス)に対する調査結果から生まれた言葉です。


この社会学者「ポール・レイ」が起業家の「ジルカ・リサビ」と協力する形で開発した、「カルチュアル・クリエイティブス」を対象としたマーケティング方法のことが本来の「ロハスの意味」なのです。


ですから、ロハスという言葉はアメリカでは「マーケティング用語」として使われているので、ロハスという言葉自体を一般消費者の方たちが使うことはほとんどありません。


主に日本、韓国、台湾などの一般消費者の人たちが使っているのが現状です。


驚きの事実ですね。
posted by ロハス@意味 at 11:23| Comment(1) | TrackBack(0) | ロハスとは?

2006年09月29日

ロハスへの入り口

ロハスとは「健康と環境に優しい、持続可能な社会を構築するライフスタイル」のことです。

言葉の使い方としては「ロハスな生活」「ロハスな住宅」などという使い方をされていますよね。

じゃあ、ロハスな生活を実践するには、どうしたらいいのでしょうか?

ロハスな生活の入り口になりそうなものとしては、例えば以下のようなものが注目されています。

  • リサイクル

  • リフォーム

  • クールビズ

  • ウォームビズ

  • スローフード

  • 有機農法

  • 無添加

  • ヨガ

  • アロマテラピー

  • マクロビオティック


このようにロハスな生活の入り口にはいろいろなものがあります。
最近、話題になっているものがちらほらありますよね?

共通するのは、いずれも環境や体に負担を与えず、資源の節約にもつながっているということです。

地球の人口が65億人を突破し、資源の枯渇が叫ばれる今、ロハスな生活は多くの人々から注目を浴びています。

でも、田舎暮らしのわたしからすれば、普通に生活してると、そのまんまロハスなのですが・・・。

みなさま、ロハスを実践するなら、田舎暮らしをはじめませんか?

posted by ロハス@意味 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ロハスな生活

2006年09月27日

ロハスな生活で健康な体に!

ロハスな生活は、それを実行する人の心と体に健康をもたらしてくれますし、住みやすい環境づくりにもつながります。ロハスな生活には、たとえばこんな効果が期待できます。


・ヨガ:体の骨格の歪みを直し、病気治療にも良い。場所を選ばずどこでもできるうえに、薬や道具も必要ないので資源の無駄にもなりません。

・マクロビオティック:自然な食物によって心と体の健康を復活させる食事法。飽食でボロボロになった現代人の心身を健康な状態に戻しましょう。

・スローフード:体に良い食材や献立、食べ方の実践で、心身の健康と環境の保全が期待できます。

・リサイクル:ゴミの処分による地球環境の汚染を減らし、資源も節約。

・無添加、無農薬:農薬や添加物には、発ガン性のあるものが多いです。これらを避けることは健康を守る上で大切なことです。


ロハスな生活は、ほかにも「冷暖房は必要最低限に」「物を大切に使う」「できるだけ自家用車は使わない」などを心がけることによって、だれにでも簡単に始められます。


ロハスな生活、環境の保全とまではいわずとも、まずは心身の健康から始めてみてはいかがですか?
posted by ロハス@意味 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ロハスな生活

2006年09月26日

ロハスな生活のための「ロハス商品」

ロハス商品は、「商品」である以上、必ず企業の利益追求という側面があります。

企業が儲けに走るあまり、「これってロハスじゃないんじゃないの?」と思えてしまうようなものまで「ロハスな商品」として販売されています。

このように、ロハス商品の中にも悪質なものがあるので、十分な注意が必要です。

実際にロハス商品を選ぶ際には、

  • 「買いすぎない」

  • 「インチキ商法」


この2つには特に気をつけましょう!

リサイクルでも何でもない商品を「ロハス」の名を付けて売っているものなどがたくさんあります。

また、「マイナスイオン」や「電磁波防止」など一見健康に良さそうですが、効果や商品説明などが具体的ではないものなど怪しいものには気をつけてください。

特に、あまりそういうことを気にされない方は、純粋にショッピングをお楽しみくださいね。


posted by ロハス@意味 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ロハスとは?